こころの相談室 HALPRIMURA -春プリムラ- | HALPRIMURA(春プリムラ)は女性の方を応援するこころの相談室です。悩み事などに関するカウンセリング。子供の学校相談。子供との接し方。人間関係など

TEL080-1588-2390
三重県伊勢市岩渕1丁目15−11
開室時間 9:00〜17:00(平 日)
9:00〜19:00(土日祝)

「いじめは犯罪」…?

 2013年に「いじめ防止対策推進法」が成立し、いろいろな対策が取られていますが、辛く悲しい事件が後を絶ちません。「いじめは犯罪です」とか「犯罪とまでは言えないいじめもある」などと、「いじめ」という言葉だけが一人歩きをしているのではと感じることもあります。

 学校という場におけるいじめ問題への対処について、思うことがあります。

 社会では犯罪が起こったとき、被害者と加害者が同席して調べを受けるということはあり得ず、たとえ被害者の親などが加害者と直接話したいと望んでも、それは許されないと思います。

 でも学校においては、被害者と加害者を同席させ「仲良くしましょうね。」と(無理やり)握手をさせるとか、「本音で語りましょう。」という場を設けて、被害者(一人)と加害者(複数)に思いを言わせようとするなどということが行われているとも聞きます。被害にあった子は、大変怖い目に合っているのに、加害者の前で何が言えるというのでしょうか。こういうことが報道されると、世間から「学校がまるでいじめに加担しているかのようだ」などと言われても仕方ないのではないかとさえ思ってしまうのです。

 私はまずは「被害者を守る」ということが第一で、次にクラス、学年などの中の人間関係つくりを早急にしていくことが必要だと思います。一人ひとりに自己を肯定する思いや、よりよいクラスを作っていこうという意欲を持たせ、正しい秩序を根付かせないと、また同じようないじめが繰り返し起こってしまうのではないかと心配するからです。

 いじめは、そのときの被害者と加害者だけの問題ではない場合もあり、いろいろな要因が絡んでいることもあると思います。その時の状況により、それぞれベストな対策というのは違ってくると思いますが、たとえどんな「ささいなこと」と思われることであっても、担任の先生が一人で抱え込むというようなことにならないように、常に学校全体の問題としてみんなで知恵を絞って支え合って取り組んでいかなければいけないと思っています。そして、「ささいなこと」に気づける先生は、とてもいい先生だと私は思うのです。

 学校という場で苦しむ子がいなくなるようにというみんなの願いが一つになればと思っています。

 そして、おうちの方へ。もしいじめでお子様が苦しんでおられるというようなことがあったら、まずは、その苦しい場から一刻も早く離れさせてあげてください。それは決して「逃げる」ことではなくて、「ひどい状況から身を守る正しい選択」です。いじめは100% いじめる側に問題があります。大切なお子様をしっかり守ってあげてください。

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.11.27 Wednesday
  • -
  • 09:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   


↑ PAGE TOP

Copyright© こころの相談室 HALPRIMURA -春プリムラ- All Rights Reserved.